ベビー、キッズ、マタニティ , ベビー用家具 , ベビーラック、チェア,4697円,オプション,トレイ,TRAPP,STOKKE,/facultate316689.html,ストッケ,ハイチェア,トリップトラップ,law.uglc.ru,TRIPP 4697円 ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション ベビー、キッズ、マタニティ ベビー用家具 ベビーラック、チェア ベビー、キッズ、マタニティ , ベビー用家具 , ベビーラック、チェア,4697円,オプション,トレイ,TRAPP,STOKKE,/facultate316689.html,ストッケ,ハイチェア,トリップトラップ,law.uglc.ru,TRIPP ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRAPP オプション ハイチェア TRIPP 宅配便送料無料 ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRAPP オプション ハイチェア TRIPP 宅配便送料無料 4697円 ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション ベビー、キッズ、マタニティ ベビー用家具 ベビーラック、チェア

ストッケ 実物 トリップトラップ トレイ STOKKE TRAPP オプション ハイチェア TRIPP 宅配便送料無料

ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション

4697円

ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション

ノルウェー生まれのベビー用品ブランドストッケ

1932年にノルウェー北西部に位置するオーレンスで設立されたストッケは、子どもの成長だけでなく、
親と子の絆を共に育みたいとの思いから、「Growing togetherTM-共に育む」をブランドのコアコンセプトに掲げ、
創業以来一貫して子供の目線を第一に考えた製品づくりを行っています。

Growing togetherTM -共に育む
子供の成長とともに、親も成長し、家族としても日々成長していきます。
ストッケ製品は、親子の成長を支援するとともに、親子の絆(親子の関係自体)を育むお手伝いをします。

In the best interest of the child.TM -子供の目線を第一に考える
ストッケは常にお子さまを第一に考え、デザイン性と機能性を備えた製品づくりを徹底しています。
何がお子さまにとって大切か、お子さまの成長に必要かを第一に考えてつくられた製品は、お子さまの成長に合わせて
【下部に続きます】

推奨年齢6ヵ月頃から3歳頃まで
商品サイズ44×41×4cm
素材PPGF(ガラス繊維強化ポリプロピレン)
備考※本製品にトリップトラップチェア、ベビーセットは付属致しておりません。※必ず、トリップトラップベビーセットと一緒に使用してください。※使用可能 食器洗い機使用可(60℃まで)※ベビーセットV2(2011年11月製造)以降取り付け可能
長くお使いいただけ、革新的で耐久性に優れています。【TRIPP TRAPP】1972年から世界中で愛され続ける 子供と一緒に成長していくイストリップトラップベビーセットに取り付け可能な専用トレイ。ベビーが家族団らんに参加できるよう、ダイニングテーブルにマッチするシンプルなデザインです。※ストッケトレイはV2以降のベビーセットに取り付け可能です。ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション







ストッケ トリップトラップ トレイ STOKKE TRIPP TRAPP ハイチェア オプション

  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University

あなたは、どんな理想を叶えたいですか?

慶應義塾では、一人ひとりが理想を掲げ、
それを実現するために一生懸命活動しています。
研究や社会、将来の姿など、
様々な物事に対して常に理想を考え、
学生や教員がお互いに支え合い、
意見を尊重しながら、その想いを実現させています。

詳しく見る

News/Event

ナビゲーションの始まり